宗清寺

投稿者: | 2010年1月28日

今回は、縁があって埼玉県児玉郡美里町の寺院宗清寺を訪問。
都内の臨済宗寺院は拝観謝絶の寺院もあるものの、宗清寺は、児玉三十三霊場の一つで、境内に花園むさしの浄苑もあり、一般に開放されている寺院のご様子。
(公式HP:埼玉の臨済宗 妙心寺派 宗清寺

本堂は山の中腹にあり、眼前には宗清寺の開基で、美里町白石の地名由来ともなった白石氏の居館白石城址が見渡せる。
周辺には、数多くの古墳や、埴輪等を製作していた職人を想像させる瓦窯跡、土器に関係する神を祀っているというみか神社など、数多くの史跡もある。また、万葉集にも詠まれたという曝井もあり、古代の繁栄を思わせてくれる。
少し足を伸ばせば、武蔵国二ノ宮の金鑚神社、天台宗別格本山の大光普照寺など名刹寺社も数多い。
また、歴史を少し下って、鎌倉時代以降を想像すると、児玉党と呼ばれた武士の数々、そして彼らが開基となり創建された数多くの寺社が、今もまだ往時を偲ばせてくれる。
現代とは異なった武蔵国の様子を想像させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です